りっこのママブログ

5歳差兄弟の育児日記

文京区【ファーブル昆虫館】へ行ってきました

フランス人の昆虫博士のファーブル先生。

子供用の昆虫記「ファーブル先生の昆虫教室」を5歳長男と読んでいます。

小さい子供でも可愛らしいイラストでわかりやすく、昆虫たちのおもしろい生態を紹介しており特に虫に興味のない(むしろ虫は苦手、、、)わたしのような大人でも楽しめます。

とにかく「へぇー!知らなかった!そんな虫がいるんだ!!そんなふうに生活してるんだ!?自然ってすごいなぁ」が満載なのです。

 

そんなファーブル先生の昆虫館が自宅からバスで行ける距離にあると知り、早速家族ででかけてみました。

開館時間は土日の13時から17時のみ。

かなり限定的な時間しか開館していない様子なのですが、いったいどんなところなのでしょう。

 

早稲田〜上野松坂屋前まで走っている上58に乗り「動坂下」というバス停で下車。坂を登って3分ほど。住宅地のなかにぽつんとありました。


f:id:riccomama:20211127155655j:image

写真には写ってないですが、エントランスに上がるまでに数段の階段があり、ベビーカーは持ち上げるしかありません。

けれども、入ってしまえばエレベーターもあるし、地下にはおむつ替えの台のあるお手洗いもありました。赤ちゃん連れでも安心です。

 

一階は売店、標本の展示。生きている虫と実際に触れ合うこともできます。

このときはジュニアスタッフの少年が優しく声をかけてくれて、虫かごの蓋を開けて虫を手にとって説明してみせてくれました。

オスとメスの違いを見せてくれたり、かぶとのハサミで木くずを挟むところを見せてくれたり。
f:id:riccomama:20211127155726j:image


f:id:riccomama:20211130150348j:image

その他、各地の珍しいゴキブリもいました。

家の中で見かけるとゾッとする黒い物体も、こういうところでみると、なんだか可愛らしく見えてしまうので不思議なものです。

 

こちらは拡大鏡です。

レプリカの虫や、蝶の羽根を観察できました。拡大鏡どころか、虫眼鏡も初体験の長男は興味津々。


f:id:riccomama:20211127155742j:image

売店では書籍、ハガキやキーホルダーなどのグッズ、標本用具、虫の販売がされています。

スタッフさんはみなさんボランティアのようですが、とても優しく話しかけてくださり、虫たちをとても大切にされています。ここにいると「虫が怖い」と思っていた自分が恥ずかしくなってしまいます。

 

地下にはファーブルさんの自宅の再現や、標本の展示、図鑑が読めるデスク、来館者の質問コーナーなどがありました。子供がぐずってじっくり読めなかったのですが、質問コーナーの回答がとても細かく、虫への愛が感じられて素敵でした。今度はゆっくり読みたいです。


f:id:riccomama:20211127155828j:image

ファーブル先生の南フランスにあった生家。

19世紀中頃のファーブル先生の暮らしに思いを馳せることができます。現代の暮らしとは随分違う住環境。小さな子供は何を思うのでしょう。

 

こちらの施設は入館料無料ですが、エントランスに寄付箱が設けられていて、お金を支払うことができます。我が家も長男共々とても楽しませてもらったので少しですがお金を入れてきました。

このような貴重なものを見せていただける素晴らしい施設を気軽に利用できるのは大変ありがたいことです。

 

自宅に帰ってきてまた「ファーブル先生の昆虫教室」を読んで、昆虫たちと、ファーブル先生に想いを馳せました。より身近にファーブル先生を感じられる良い機会となりました。

またふらりと出かけてみたいです。

 

 

 

 

 

【ラニーバナナ】ちょっと珍しいフィリピンバナナ

ラニーバナナ、というバナナをご存知でしょうか?

普通のバナナより、ちょっと太めで短めのぽっちゃりしたかわいいバナナです。

先日、こんなにたくさん頂いたのです!!


f:id:riccomama:20211120161348j:image

まだまだ青くて硬い。

 

調べてみると、このラニーバナナは現地フィリピンでは加熱して食べるとのこと。

 

なので、剥いてトースターでお砂糖かけて焼いてみることに。

まずこの青い状態のバナナは剥くのが一苦労。緑の若いアボカドのように皮離れがわるく、剥いた姿はまるでお芋のようでした。

実はしまっていて、やっぱりまだ早かったかなぁという印象。


f:id:riccomama:20211120161405j:image

でも、焼いてみるとほんのり甘くお菓子のよう。

次は、ちょっと黄色くなった時点のものをフライパンで、焼いてみました。


f:id:riccomama:20211121215055j:image

 

両面焼いてから、砂糖をかけてバーナーで焼きました。まわりがカラメリゼされて香ばしくなりました。ちょっと歯ごたえがありすぎる?!固め。


f:id:riccomama:20211121215104j:image

フィリピンに住んでいたことのある知人に聞いたら、フィリピンでは油で揚げたり、蒸したりするとのこと。やっぱりお芋的な調理の仕方ですね。

うちは揚げ物はやらないので、チャレンジできず。

結局、いただいてから2週間経過したある日。やっと普通のバナナと同じ黄色になりました。長かった〜


f:id:riccomama:20211129125550j:image

普通のバナナより、少し剥きにくいですが、ヘタの部分だけナイフを入れればポロッと皮から離れます。ちょっと酸味があって、食感がもっちり。いつもと違うけど、とても美味しいバナナでした。

もちろん生後10ヶ月の次男ももりもり食べておりました。

 

 

【ベビーカーで快適なお散歩】館林市 多々良沼

群馬県館林市に多々良沼公園という、美術館や公園のあるエリアがあります。

多々良沼は一周約5.8kmでぐるっと一巡りできるように歩道が整備されており、ほぼ平坦な道が続きますのでウォーキングやランニングにもってこいです。

 

わたしは実家に帰った折にはいつも一周巡りに家族ででかけていますが、5歳の長男も、60代の両親も無理なく楽しく、安全に歩けるいい場所なのです。

かなりローカルなスポットですが、せっかくの世代を越えて親しめる素敵スポットなのでご紹介します。

 

先週末(11月21日)、からりと晴れていて紅葉が美しかったです。

きれいな葉っぱ。どんぐりや松ぼっくりもたくさん落ちています。

桜並木や藤棚のあるエリアもあり、季節ごとに楽しめるようになっています。今はとにかくススキや黄色く色づいた木々が美しい季節でした。


f:id:riccomama:20211123161628j:image

ひとはあまりいませんが、バードウォッチングの愛好家の団体さんをよくお見かけします。みなさん大きなカメラをかついで歩いていらっしゃるので珍しい鳥達に会えるのでしょう。あとは釣りを楽しんでいる方も多くいらっしゃいます。

これからの季節は白鳥達も越冬しにやってきます。


f:id:riccomama:20211123161655j:image

歩道はとても歩きやすいです、ベビーカーでもスイスイです。

5歳長男はストライダーでも周遊したことがあります。もちろん問題なしです!!

途中、松林のスポットはちょっとしたオフロードですが、ベビーカーを力づくで押さなければならないようなことはありません。

 

歩いていると、ちらりとトカゲが顔を出したり、沼の方をみると亀が日向ぼっこしているのがみられたり。ほどよく自然を楽しめます。


f:id:riccomama:20211123161710j:image

駐車場、自動販売機、お手洗いも各所にあり子供が急に「トイレー!!」となってもどうにかなります。自然の中ってどうしてもお手洗いが不便ですが、この点はとてもありがたいです。

おむつ替えも、車椅子の方の利用できるお手洗いもあります。

 

コンビニや商店はありませんが、一周が一時間程度なのでそこまで不自由を感じたことはありません。

強いて不便な点はというと、急に雨が降ってきてしまうと逃げ場がありませんし、傘を売っている場所もないので自力で車に戻るしかありません。お天気が怪しいときには雨具をお忘れなく。

 

ベビーカーでの快適なお散歩コースのご紹介でした。

ちなみに、館林市にある城沼もベビーカーで楽々周遊できます。距離も5キロ程度です。こちらは周りにショッピングモールがあったり、アスレチックの遊具のあるエリアがあったりします。

また行った際にレポートします。

 

【スターバックス】初のキッズココア安くてびっくり!

先週末、久しぶりに電車で2時間弱の遠出しました。

 

コロナの感染者数も減少し、秋の行楽シーズンで一気に人が出てきています。久しぶりにターミナル駅でベビーカーのエレベーター渋滞に並びました苦笑

次男が生まれた1月以降はコロナ禍でどこへ行ってもエレベーターはスムーズだったので懐かしい光景でした。これから海外旅行も自由になり始めると、スーツケースを引いた人も加わってエレベーター渋滞はもっと長くなることでしょう、、、活気があるのは嬉しい反面、コロナ禍は人が少ないゆえの快適さがありましたよね。

ストレス耐性が知らぬ間に低くなっていたのを感じます。

 

さてさて、そんな都会の喧騒をくぐり抜け、湘南新宿ラインで県を跨ぎ埼玉県で乗り換え。電車の待ち時間に駅の構内にあるスターバックスでお茶しました。

 

5歳長男がオーダーしたかったのは、おなじみのドーナツと、キッズ用のオレンジジュースでした。しかし、スターバックスにとっても予想以上の来客だったのか?!残念ながら両方とも売り切れ。

 

ドリンクはキッズ用だとオーダーできるものが、ミルクかココアしかありませんでした。

優しいお兄さんに促され、長男はホットココアとチョコスコーンをセレクト。

 

ココア、さて飲めるのかしら。

甘いから飲めるかな。

 

青いランプの下で待っていると

「ショートサイズのココアです」

と、商品差し出されました。

 

「あれ?頼んだのはキッズ用?ショートサイズのココアなの??」

と、思いながらレシートを確認すると。

 

【キッズココア  180】の文字。

「すごい!ショートサイズココアなのに、キッズ用だと180円とお安いんですね?!」

と、初めて気が付きました。

見た目も通常と同じショートサイズのカップに入っています。

ちなみに通常のココアは390円だそうなので、値段が全然違いますね。

 

なんでも、お子様用に温度が低めに作られているそうです。

優しい配慮がありますね。

 

ホイップクリームもちゃんとのっていました。

 

ホットドリンクはあまり経験無く。あのカップのフタのちいさな飲み口に、恐る恐る口をつけていましたが「熱くないよ〜」と、美味しそうにしていました。


f:id:riccomama:20211120170600j:image

 

これからの寒い季節、ちびっこでも飲める温かいものがあるのは助かります。

以前、マクドナルドに入ったら温かい飲み物はコーヒー類か、紅茶しかなくて子どもの飲めるものがありませんでした。昔は(私の子供の頃の記憶)コーンスープとか、ホットチョコレートがあったような?気がするのですが、今は無いんですね。

寒い季節だけでもマクドナルドさんには温かい子どもの飲めるものを提供してもらえたら助かります。

 

キッズオレンジジュースとドーナツの売り切れは残念だったけど、新しい発見と、お財布に優しいお得感でなんだか嬉しいお茶タイムとなりました。

 

この冬はいっぱいお出かけできる冬になるといいですね!

ママ用のスタイが欲しい、、、

次男10ヶ月。

 

歯は、上4本、下2本生えてきていますが、痒いのか何でもペロペロ、ガリガリやってます。

で、抱っこしていると私のシャツのボタンや、パーカーの紐も例外ではなく、ガリガリペロペロします。

よだれもだら~っと垂れるので、本人はスタイをしているのですが、抱っこをすると私のシャツのがよだれ拭きになります。


f:id:riccomama:20211119135601j:image

 

犬みたいに顔をスリスリされると、もう鼻水なんだか、よだれなんだか、涙なんだか、、、シャツの胸部はベチャベチャです。

胸元がカピカピになってしまうので、できるだけ外出時と部屋着を分けていますが、出たり入ったり、用事の多い日はなかなか面倒です。

 

「息子のよだれかけより、わたしのよだれかけが欲しい、、、」

 

と、つい思ってしまいます。

 

ボタンもそのうちガリガリされて取れたらどうしよう。勝手に食べて、飲み込んでしまうかもしれません。

小さなボタンはう○ちと共に出てきそうですが、そんなことない方がいいに決まっています。

 

プロたちはどうしているのだろう?

よくよく保育園の先生達を観察すると、先生達の着ているスモックのようなエプロンって物凄く合理的に作られているんだな、と気づきました。

 

首までしっかりと胸当てがあり、ゆったりとしていてお尻まで覆っても動きが遮られることはありません。そして、紐や切り返し、ボタンなどの引っかかる危険のあるもの、子供が引っ張りそうな部分もありません。

 

 

これなら頭や顔をスリスリされても、汚れを心配せずに抱きしめてあげられそうですね。

下に着ているボタンも隠れて安心そうです。

 

袖は汚れてしまうかもしれないけれど、動きやすさを取ると袖部分はむしろ無いほうがよさそうです。

 

エプロンってする習慣ないのですが、衛生的にもしたほうがいいのかもしれません。

あんまり可愛らしい柄は気が引けますが、、、プロたちを見習うべきところはたくさんあるな、と感じた午後でした。

ホットクック【ふろふき大根】赤ちゃんから大人まで冬の定番

大根が安くて美味しい季節になってきました。

 

大根一本で子供が喜ぶ!!冬の定番2品をご紹介します。

 

材料

・大根一本

・おでんの素

・昆布

・あればその他ゆで卵や野菜など(にんじん、じゃがいもなど)

 

大根は厚さ2センチ程度に輪切り。両面に十字に切れ目をいれます。

皮は厚めに剥きます。そして、短冊3ミリ程度にカットしておきます。葉っぱもあればザクザク切って一緒にフライパンへ。(以下参照・別メニューで利用)

 

顆粒のおでんの素とお水(1.5l)を入れます。本来であれば顆粒おでんの素は1Lにつき一袋なのですが、子供には少し味が濃いのと、だし昆布も入れてうちは多めに水で割っています。子供がスープ代わりにごくごく飲んでしまっても心配ないようにしています。

ここはそれぞれのご家庭お好みで。


f:id:riccomama:20211116151304j:image

今日は人参を1センチ程度の厚さに切って一緒に入れました。彩りもよくなりますね。

 

 

ホットクック【ふろふき大根】でスイッチオン!!


f:id:riccomama:20211116151313j:image

 

今回は途中で

別で茹でたゆで卵も投入!
f:id:riccomama:20211116190522j:image

 

シャラララ〜ン♫できましたー♡

 

のあとは保温をポチッとしておけば夕食時にホカホカのままで食べられます。

 

 

さてさて、先ほど大根カット時によけておいた大根の皮を利用してご飯のお供を作ります。

【材料】

・大根の葉、皮

・しょうが 千切り

・植物油(我が家はなたね油)

・お砂糖

・酒(みりんでもいいとおもいます)

・醤油

・鰹節

・金ごま

 

フライパンを熱し、油をいれる。

大根の葉、皮、生姜を炒める。
f:id:riccomama:20211116190437j:image

 

ある程度火が通ったところで、砂糖、酒(ひとたらし)を加えて炒める。

醤油もさっとひとまわしして味付け。


f:id:riccomama:20211116190449j:image

 

最後にかつお節と金ごまを投入。

入れ過ぎかな??くらい大判振る舞いで入れると美味しいです。

 

5分ほどで、あっという間にご飯のお供が出来上がり〜です。

 

お砂糖はお好みですが、しょっぱくするより、甘めにするとふりかけ代わりに5歳長男がご飯に山盛りかけて喜んで食べてくれます。

栄養満点なので、いっぱい食べてくれると嬉しいです。

 

大根まるまる一本であっという間に、美味しくてヘルシーなお夕飯の出来上がりです!!

 

 

【保育園申し込み】就労実績減った人は要注意!

今年の1月に生まれた次男の育児休暇が切れる関係で、2022年1月入園〜2022年4月新年度入園の保育園の申し込みをします。

締め切りは両月共に11月26日金曜日。あと10日ほど残しておりますが書類の不備があった場合のリカバリーと、窓口の混雑状況を考えて窓口の開く8時半めがけて行って参りました。

 

事前に区役所に電話して聞いていた情報によりますと、窓口での受付は朝一番が1番空いているとのこと。10時以降は長い人だと1時間から1時間半待ちが出ているとのことでした。

コロナ禍なので郵送での受け付けも推奨されているのですが、1月入園ができなかった場合は保留通知をもらって育休を延長しなければならなかったり、書類の不備が心配で直接窓口で確認してもらいたかったので、窓口へ出向きました。

 

到着したのは少し遅れて8時45分でした。その時点で6番目でしたが、10分待っただけで直ぐに窓口に案内してもらいました。

 


f:id:riccomama:20211117142720j:image

 

保育園の申し込み書類はとにかく煩雑です。

持参したのは

・就労証明書(父母それぞれ職場で発行)

・家庭の状況

・児童の健康状況報告書

・教育保育認定給付申請書兼認可保育施設入所申込み書

・申し込みに関するチェックシート

・必要書類チェックシート

・父母申し込み児童のマイナンバーカード

・育児休業給付金の給付通知(最新のもの一通)

 

でした。

 

うちの希望するのは長男の通う園です。

現在0歳クラスは定員に達してしまっているため、1月入園ののぞみは薄く、育休を延長して4月の1歳クラスでの入園を目指します。

 

希望園に関してはスムーズにお話が進みました。

 

さて、申請書に暗雲が立ち込めて来たのはわたしの就労証明書にある就労実績に関するところからでした。

就労実績は育休に入る直近の過去6ヶ月の実績が記載されています。

 

2020年6月から12月までの6ヶ月です。

まず2020年6月 とはコロナの緊急事態宣言が明けて休園していた保育園が再開した月です。3月〜5月で休園、特別給付金をもらっていたのがあけて、職場復帰した月です。

が、コロナの影響は拭えず、私の働いている飲食店は細々と短縮営業を始めたものの、お客様は少く、わたしの労働時間もフルではありませんでした。

保育園も開いたものの、自粛できる人は自粛して欲しいとのことで、早めにお迎えに行っていた記憶があります。

 

そんな生ぬるい感じで2020年7月に第二子妊娠を職場に伝え、8月、9月、、、を過ごし、10月に切迫早産で緊急入院!!絶対安静のため復職できず傷病手当金をいただいて休職し、そのまま12月に産休に入りました。

 

なので、わたしの就労実績はいつものフルタイム勤務(21日×7.5時間)の証明にはなっていません。

 

備考欄には総務の人に頼んで【2020年6月からはコロナウイルスの影響により営業自粛による労働時間の減少。2020年10月には切迫早産により絶対安静を指示され就業できず、12月から産前休業に入りました】と記載してもらってありました。

 

保育園入園の指数を満点にするためには20日以上の労働160時間拘束が必要です。

わたしの基本の就労時間はこれに満ちているのですが、就労実績が証明されていない。と言われてしまいました。

 

追加で出すように言われたのがこちら

・2019年12月から2020年5月の就労実績

・切迫早産の診断書

 

です。

上記の2019年12月が証明に値する最長の期間だそうで、これ以前のものは考査してもらえないとのことでした。

が、2019年12月はわたしは妊娠10週目での流産でやっぱり10日ほど休んでおり、年明けもフルタイムで働いたかな?という感じ。2月以降はコロナの声が聞こえ始め、保育園休園で休職、妊娠、、、なので、なんの証明にもならない気がするのです。

 

まるまる2年バリバリフルタイムで働けていないということになってしまうけど、これから働くのが160時間以上なんだからいいじゃない??!と、思ったのですが、実績も指数の計算に重要らしいのです。

 

なんか、未来のことなのに過去がこんなに重視されるなんて腑に落ちないというか、理不尽な気がします。

 

百歩譲って、流産と切迫早産は私事だけど、コロナで働けなかったのはわたしのせいではありません。

これだとコロナの影響のない職業の人ならよかったけど、そうでない人は不利と言うことになります。保育園が休園になって休職になったのも労働実績の減少に入れられるのは不愉快です。

 

流産と切迫早産だって子供を生むために生じたことです。

これは不妊治療をされている人や、つわりのひどい人にも言えるでしょう。産休に入るまでが妊娠ではなくて、妊娠期間は10ヶ月あってその前から何らかの事情でフルタイムで働くことができない。は誰にでもあることです。

それが原因の労働時間の減少を保育園入園の指数に反映させるのはオカシイです。

 

すると、人気の園は妊娠中何事もなくフルタイム勤務できていた人、育休取得の加点で指数満点(私の区では41点)の人しか入れないということになります。

 

わたしの希望する園は長男がいるので、兄弟加点があるのと、駅から離れているぶん大人気ではないので、まだ入れる見込みがあるのですがこれが、第一子だったり、待機児童がたくさんいる地域だったらと思うとぞっとします。

みんな同じような労働条件で働いているところ、何らかの差異をつけて合否をつけなければいけないのでしょうが、これってどうなのでしょう。

これだったら、同じフルタイムの人でくじ引きしてくれたほうがフェアで納得できます。

 

区役所の窓口の方は、わたしが少しでも有利になるように配慮して追加書類を出すようにアドバイスしてくれているのはわかりますが、なんだかふつふつとこみ上げてくるものがありました。

 

追加書類は郵送でOKといわれましたが、ドット疲れた一時間でした。

 

区役所の窓口はコロナで分厚いパーテーションがしてあり、話している声が相手に聞こえているのか?私の声が届いているのか?微妙でした。

みんな窓口には赤ちゃん連れてきているので落ち着かない感じで手続きしています。

 


f:id:riccomama:20211117142739j:image

窓口は椅子を2つ並べられるようになっているのでベビーカーでもそのまま横付けできました。授乳室も同じフロアに完備されていたので、帰る前に授乳室でゆっくりしてから出てこられたのが幸いでした。

 

窓口の方も大変でしょうが、、、本当に今日の天気みたいにスッキリして区役所から出てこられなくて悔しいです。

外国人の方とかシングルマザーとか、わたしよりもっともっと嫌な思いをしている人はたくさんいるんだろうな、と思いつつ。なんだか世の理不尽さにぼーっとしたまま家路につきました。

いったいわたしの指数は何点と計算されるのでしょう。

みんなが気分良く希望する園に入れる時代が来るといいですね!!