りっこのママブログ

働きながら楽しく子育てを!!

【切迫早産入院】ペッサリーのおかげで退院許可でました

妊娠28週0日

入院17日目。

 

25週5日の妊婦検診で子宮頚管2センチ、子宮収縮の為緊急入院。

リトドリン5mg(毎食1錠/一日3回)と安静で経過良好。

26週5日でペッサリー装着。その後経過良好。

28週0日で退院許可。

28週2日で退院→自宅療養・外来の予定。

 

 

本日、退院に向けての最後の診察がありました。

 

リトドリンの内服を始めて17日。

ペッサリーを入れて9日です。

 

お陰様でペッサリーはきちんと収まっており、お腹の張りも出ていないことから晴れて退院できることになりました!!!

 

一日でも早く帰りたい!と願っていたものの。こんな日が、こんな早くに訪れるとは!!

全てはペッサリーのおかげと、リトドリンが錠剤の内服のみで済んでいたからです。

 

点滴になってしまったら、もう絶対に退院なんてできませんでしたから。

 

ペッサリーのおかげで子宮頚管は今2cmちょっとはあるそうで、緊急入院した時と同じ長さを保つことができています。

ペッサリーを入れて何が変わったかと言えば、座る姿勢が楽になりました。

椅子にまっすぐ座る。ベットであぐらをかいてみる。。。がスムーズになり安定しています。もちろん、装着している違和感はゼロです。

こんなに素晴らしいものがあるのに、日本では普及していないというのがとても不思議ですし、もっと初期段階でペッサリーを入れておけば入院しなくて済むかもしれないし、点滴になって長期入院する人も減らせるような気がします。

 

お腹の張りも、胎動でピキッと、なったりする以外はほとんど感じることはなくなりました。

 

自宅に帰っても、医師の希望としては病院にいるのと同じくらい安静にしてほしいとは言われました。

夫には申し訳ないですが、せめて34週を過ぎるまではゴロゴロした生活をさせてもらうつもりです。

食べるものや、食べる量も病院と同じくらい気を使って食べようと思います。

 

また今後も、週に一度の外来での受診は欠かせません。

それ以外の場合は、出血や腹痛があった場合は夜間であっても救急外来での受診。

たまたまペッサリーが外れてしまった〜→出血なし。ならそんなに焦って来なくても平気。とのことでした。

 

わたしの残りの3ヶ月のマタニティライフ。

切迫早産のリスクを背負ったものではありますが、家族と過ごせることを心からありがたいと思います。

 

ペッサリーという、低リスクで痛みも伴わない素晴らしい切迫早産の治療法がある。ということ。もっと多くの方に知ってもらいたいです。

看護師さんとも話していたのですが、十年後とかにはペッサリーが当たり前の時代がやってくるのかもしれません。

未来の妊婦さんたちの助けになることを祈って。あと3ヶ月、わたしがどう日常生活を送れるのか、引き続きレポートしていきます。

【切迫早産入院】MFICU脱室!一般病棟へ!!!

妊娠27週6日

入院生活16日目(都立の総合病院)

 

25週5日の妊婦検診で子宮頚管2センチ、子宮収縮の為緊急入院。

リトドリン5mg(毎食1錠/一日3回)と安静で経過良好。

26週5日でペッサリー装着。経過良好。

 

 

緊急入院からちょうど2週間経った昨日。

ようやくMFICUから一般病棟へ移動となりました!!!

 

わたしの容態が悪くて移動できないというよりも、緊急性のある次の方がいらっしゃらずで、移動せずに済んでしまっていた、、、という雰囲気もアリアリだったのですが。

ともかくわたしは週数が浅い=生まれてしまった場合のリスクが高い。と判断していただいていたようです。

 

ICUから突然退院なんてあり得ないので、退院への第一歩!として本当に。

嬉しいです!!!!!!

 

 

さてさて、今日はMFICUと、一般病棟の違いについて。

病院によって違うのは重々承知ですが参考までに記しておきます。

 

一般病棟の大部屋は6人部屋。

カーテンで区切られているとはいえ、このコロナ禍ですと、かなり蜜な雰囲気。。。

カーテンを外して手を伸ばしたら、多分お隣さんと手がつなげます(笑)

 

一人あたりの広さはMFICUの半分です。

 

看護師さんたちはMFICUは3交代制で働かれていたので、朝一番と、日中と、夕方で担当が変わっていましたが、こちらは2交代なので夕方から朝にかけては同じ看護師さんが診てくれます。

 

やっぱりMFICUのが重度の患者さんを相手にする分、長時間労働だと養いきれない集中力必要なのでしょうね。

その点、一般病棟の看護師さんのほうが良い意味でノンビリとしています。

 

しーーーーーーーーーーーーん。としていたMFICUとは違って、こちらは通路挟んで向こう側は産婦さんと、赤ちゃんの病室。

なので時間を問わず赤ちゃんの泣き声がしてきます。

 

自分が長男出産して入院していた頃は「泣き声で迷惑かけてたら、、、」と心配でなりませんでしたが、今となっては迷惑どころか癒やしです。

新生児の独特の泣き声。可愛いです。

新米ママたち頑張って〜!! 

 

 

体調のチェックにも差があります。 

症状によって多少差はあるかとおもいますが、基本的に。

 

検温 MFICUは3回(一日)→一般病棟1回

 

血圧 MFICUは4回(一日)→一般病棟1回

 

心音確認MFICU4回(一日)→一般病棟3回

 

看護師さんの声かけ 

「お変わりありませんかー??」

MFICU 数え切れないほど!(何もなくても最低一時間に1回)→一般病棟 食後などのチェックする時のみ。

 

身体拭き

MFICU 足や背中は看護師さんに拭いてもらう→一般病棟 手伝って欲しいところだけ看護師さんにお願いする。

 

 

安静度にも違いが出てきました。

 

面会代わりの電話

MFICUベットで移動で30分まで→一般病棟車椅子移動30分まで

 

食事の配膳

MFICU 上げ膳据え膳。全て看護師さん→一般病棟 下膳は自分で所定の場所へ運ぶ

 

食事の仕方

MFICUオーバーテーブルで完全にベット上→一般病棟 小さなテーブルをベットの横においてベットの縁に座って食べる。

 

お手洗い・洗面台

MFICU 室内(ベットから10歩)→一般病棟 病室から廊下へ出て共同の手洗い場利用。

 

シャワー・診察室への移動

MFICU 車椅子 → 一般病棟 徒歩

 

MFICUでは自らの足で病室から出ることすら許されなかったのに、自分の足で廊下を歩いてOK!!!それだけでも気分が上がります!

他の患者さんとも顔を合わせられる機会があるので、軽くお喋りもできます。

 

看護師さんが手とり足取り何もかもやってくださるMFICU。全てはお腹のハリを起こしてはイケナイ。という理由でですが、MFICUはちょっとわたしの症状には申し訳ないくらい。過剰サービスでした。苦笑

 

そして、気分にも違いが出てきました。

MFICUは当然ながら緊急性の高い人が多いので、カーテン越しに聞こえてくるのは

「お腹の下腹部がいたいです」

「15分おきに張ってます」

「点滴が痛いです、、、」

とか、悲痛な声でした。

その度に看護師さんがモニターをつけてチェックしたり、診察へ連れて行ったり、点滴の差し替えしたり。していました。

「これ以上は危険なので緊急オペしましょう」という声も2回くらい聞きました。

 

そういう声を日常的に聞いていると

「なんか、、、お腹張ってる気がするな」とか。

「このチクッとした痛みはヤバいんじゃないか、、、」

とかネガティブな考えばかりでしたが一般病棟ではそんな声を聞くことがなくなりましたので不安感が減りました。

 

MFICUと同じく点滴している方がたくさんいるけど、当然ながら一般病棟の方のが症状が安定しているのですね。

 

そして今日。昨日までMFICUにいたわたしには信じられないくらい大きなことが!!

「診断書と傷病手当金の書類の依頼をどうしたらいいのか?」看護師さんに相談すると、フロアにいるクラークさんでは対応できないので、一階の精算窓口にある書類制作依頼窓口まで車椅子で連れて行ってくださいました!!!

 

今いる三階のフロアから一階に降りるのは2週間ぶりです!!!

昨日まで、病室から出られなかったのに!今日は違うフロアまで行けた!!!

すごい進歩!

 

いつもなら何でもないことが嬉しいです。

 

何でもしていただけて「楽ちん」よりも、やっぱり動ける範囲であれば自分で自分のことはやる。方が充実しますね。

 

今まで長男出産後以外は入院した経験がなかったので、MFICUでは看護師さんのホスピタリティの素晴らしさに感動しっきりでした。

サービス業に従事しているわたしですが、最高のサービス業は看護師さんだなぁと痛感し勉強になりました。

 

退院できたら、絶対に再入院は避けたいですがMFICUでの2週間はとてもいい経験になりました。

 

【切迫早産入院】自宅に残された長男へのケア

妊娠27週4日。

入院生活14日目。

 

 

25週5日の妊婦検診で子宮頚管2センチ、子宮収縮の為緊急入院。

リトドリン5mg(毎食1錠/一日3回)と安静で経過良好。

26週5日でペッサリー装着。

異物感もなくハリも落ち着き、経過良好。

 

 

いつも通りの朝。

いってらっしゃーい!!

6時にお迎えいくからね!!!!

と言ったきり。

突然の入院で最愛の息子に会えなくなってしまいました。

 

入院が決まった日は悲しくて、悲しくて。

6時に迎えに行くって言ったのに、ママじゃなくてパパが行ったらびっくりするんじゃないか??しかも当面会えないなんて、聞いたらどうなっちゃうんだろう、、、、

 

シクシク。。。。シクシク。。。。

 

してたんですが、意外とシクシクしてたのは私のほうで、テレビ電話してみると息子は意外とケロリとしていて、逆にこちらが元気付けられる始末でした。

 

毎日テレビ電話では元気そうですが、やっぱり日常生活ではグズって「ママがいい〜」と言うときもある様子。

 

夫は夫で。

元々家事はわたしよりできる人なのですが。家事をしている間、息子の面倒見られないのが辛い。と言う。

 

そりゃそうですよね。

大人一人、子一人。

いわゆるワンオペ育児ですから。

いくら4歳で多少一人遊びできるようになったと言っても放っておけるわけではありません。

わたしだって、夫が不在で息子と二人だったら同じように手を焼くでしょう。

そして、やりたくないけどYou Tubeに子守をさせてしまうかも、、、、

 

皆さん家庭環境は様々かとは思いますが、わたしができる限り家に残された夫と、息子の為にしていることをご紹介します。

 

【テレビ電話】

一日15分から30分のテレビ電話が許されています。正直、今いるのはMFICUなので基本的にベットごと通話エリアへ移動しなければならず、自由には行きません。なので看護師さんにものすごいお世話をかけてしまうので、自分に電話しに行く権利があると言ってもちょっと言いにくい、、、苦笑。

けどここは!息子の為に。毎晩お夕飯が食べ終わる20時ころに電話させてもらっています。毎日決まった時間に電話がかかってくるのは息子も安心している様子。わたしも元気をいっぱいもらえます!

夫はその私達が話している間に夕食の片付けしてもらいました。

 

そして、その前の保育園から帰宅して夫が夕飯を作っている時間。

こちらは義理の父や弟にやはりテレビ電話してリモート子守をお願いしました。

ちょうど18時45分ころって、お夕飯の時間で頼める人も少ないのですが、それなりに普段から懐いていたため、面白がってお話ししているようです。

コロナだし、離れているとなかなか行ったり、来たりは出来ないけれど、テレビ電話でも4歳児には充分です。

 

【保育時間の延長】

保育園にお願いし、お迎えの時間を18時15分。延長保育になるぎりぎりの時間まで延してもらいました。

土曜日保育もこんな状況なので頼もうと思えば頼めるのですが、流石に平日5日約11時間を過ごし、さらに土曜日まで行って体調崩しては元も子もないので、それは奥の手にとっておくことにしてまだ使ってません。

 

 

【週末パパの時間をつくる】

ワンオペ育児で日々奮闘しているパパの為にできること。

週末にジジババや、弟に来てもらうようにお願いし、パパが自分の時間を確保できるようにしました。

「自分一人でみている」というよりも、誰か来てくれると精神的にも違いますから。

 

【平日週1でおばあちゃんお迎え】

毎日送り迎えをしてくれている夫ですが、週1回は義理の母がお迎えとお夕飯を手伝ってくれました。

うちはちょうど手伝ってくれる存在がいたからいいですが、お迎えとご飯作りはお金を出せば地域のファミサポさんでもできることかとおもいます。

 

【買い物はネットスーパー】

これは息子が保育園に入ってからずっとですが、買い物に行く時間もったいないのでネットスーパーにお任せです!

日用品からミネラルウォーターまで、何でもオーダー。夫はオーダーしている暇ないので、病室で暇な私が適当に欲しいものを聞いて注文しています。

お野菜や果物だけ、保育園帰りの八百屋さんで買っているようです。

 

【仲良しのママ友に近況みてもらう】

近所に住むとても仲良しのママ友には、緊急入院になってしまったことを伝えました。

すると、「保育園で話したけどげんきだったよー!」とか、色々様子をラインで教えてくれました。

保育園のお迎えを申し出てくれる人もいたり、とても心強い存在です。

 

【息子にお手紙を書く】

最後に。入院生活の洗濯物や飲み物を週に数回夫が届けに来て看護師さんと受け渡してくれています。

その際に息子に手紙を書いて入れておくようにしました。

ひらがなカタカナが読めるようになったので。時にお返事あるときもありました。

離れているけどいつも君を気にかけている気持ちが伝わったらいいなぁと願いを込めて。

 

 

 

親類でなくても、懐いていて信頼できる相手ならお願いして、手伝ってもらう。

それがテレビ電話であっても全然助かる!ことが今回よくわかりました。

そして、みんなが突然ママと離れてしまった息子を気にかけてくれています。

 

こんなことお願いして「悪いなぁ」と思うこともありますが、意外と頼むとみんな快くOKしてくれましたし、思った以上の成果があると感じています。

 

お陰で息子は(もちろん息子自身の頑張りもありますが)たまにグズる程度で元気に健やかに生活できている様子です。

 

もし、わたしと同じように突然お子さんと離れることになってしまったお母さん、お父さん、いらっしゃいましたら周囲の方にもお声をかけてできる限りのバックアップ。していただいたらいいかと思います!

 

【切迫早産入院中】お薬事情公開します。

妊娠27週2日。

入院生活11日目。

 

【これまでの経過】

25週5日の妊婦検診で子宮頚管2センチ、子宮収縮の為緊急入院。

リトドリン5mg(毎食1錠/一日3回)と安静で経過良好。

26週5日でペッサリー装着。

経過良好。継続的に安静入院生活中。

 

 

今日は入院生活のなかで、どんどん増えていったお薬の話を書こうと思います。


f:id:riccomama:20201016193301j:image

 

現在MFICUにいる身なので、安静レベルC。お手洗い・洗面のみ歩行可能。

 

部屋の外に出るのは禁止。シャワーや診察へ行くのには全て車椅子です。

 

面会の変わりに許されているテレビ電話が1日に30分。これも、ベットごと移動で個室に連れて行ってもらっています。

 

そんな毎日なので、便秘になったり身体の痒みが出たり、、、のマイナートラブルが出現。日々、お腹の張りどめだけでなく薬が増えていきました。

今日はそのわたしが日々飲んでいるお薬をご紹介します。

 

 

【リトドリン塩酸塩錠 5mg】

まず、一番重要なものお腹の張りどめのお薬。

5年前の長男妊娠時は入院はしませんでしたがウテメリンという薬を処方されていました。これはウテメリンの後発薬。

早産・流産を予防する薬です。

 

わたしは現在毎食後1錠(一日3回)内服し、症状が落ち着いています。

が、この内服で落ち着かない場合には体内への濃度が一定になるように点滴になってしまいます。

 

わたしは特に下記の副作用を感じてはいませんが、点滴ですと濃度が濃くなるため感じる方が増えるようです。

 

副作用:

動悸や脈がはやくなる。

顔がほてる、ふらつきがでる。

腹痛、ムカムカする。

 

 

【マグミット錠 250mg】

こちらは便秘を解消するためのお薬です。

お手洗いに行く以外に歩かないわけですから、腸の動きも悪くなります。

そして、なんと行ってもお腹が大きくなるにつれて腸が圧迫されて!!便秘に悩む妊婦さんは大勢いらっしゃるかとおもいます。

 

わたしは現在、毎食後2錠(一日3回)のんでいます。

 

こちらは便の硬さに応じて無し〜2錠で自分で調節できます。

が、看護師さんいわく、めちゃくちゃゆるゆるにならない限りは1錠でもコンスタントに飲んだほうが効果的!だそうです。

このお薬を飲んでいて助かるのは、トイレに座るとす〜っと排便ができます。

踏ん張らなくてもいいんです。

お腹に余計な力を加えずに済むのがありがたいです。

 

 

副作用:

お腹が痛くなったり、下痢になったりすることがあります

······························効きすぎてしまうということですね。

 

 

ひとまず、私は効きすぎることもなく。

しかし、簡単に便意がくることもなく。

3日に一度のペースだったので、

もう一つ排便を促すお薬が出てきてしまいました。苦笑

↓↓↓↓↓↓

 

【ピコスルファートナトリウム内容液 0.75%10ml】

便秘解消のための薬。

 

こちらは錠剤ではなくて、目薬のようなボトルに入っています。

コップに入れた水に10滴まで。適宜調節して入れてのむものです。

看護師さんのアドバイスとしては、消灯前の21時ころ飲むと、翌朝起きたときにスルッと出てきもちいいよ!とのことでした。

 

敵数は慣れるまでは自分で調節するしかありません。

私の場合は最初は5滴からスタート。

便秘は便秘ですが、そこまでお腹が苦しくならずに済んでいるのでそれ以上の敵数飲んだことはありません。

 

コップに入れる際は気をつけて入れないと、ポタポタポタポタっ!!!!!と、たくさん出てしまうので慎重に、、、、

 

 

副作用:

腹痛やむかつき、お腹の膨れる感じ、お腹が鳴ることがあるそうです。

 

 

【クエン酸第一鉄Na錠】(鉄50mg)

 

鉄分を補給するお薬です。

血液検査で貧血気味ということで処方されることになりました。

自宅では妊娠初期から葉酸と鉄分のサプリメント飲んでいたのですが、、、足りないみたいです。

 

朝と夕の2回。1錠ずつ飲んでいます。

 

こちらは便が黒くなってしまう作用があり、お手洗いでちょっとびっくりしてしまいますが、心配ありません。

 

副作用:

腹痛、食欲がおちる。

ムカムカする。

便秘や下痢、発疹が現れることがある。

 

わたしの便秘の原因はこちらの副作用もあるかと感じています。

現在上記の2種類の排便促す薬の合わせ技でも3日に一度のペースでしか出ません涙

 

妊娠前は毎日出てたのにーと思うと。

妊娠の身体の変化を感じずにはいられません。

 

 

それでは最後は塗り薬です。

【レスタミンコーワクリーム 1%】

 

痒み止め。

痒みを和らげるお薬。


f:id:riccomama:20201017171928j:image

入院前はとこちゃんべるとによる腰回りの痒みの為に処方してもらいましたが、今回はなんと謎に乳首が痒くて、、、、

白く粉をふくほど乾燥してしまい、ワセリンを塗っていたのですが改善されないので、こちらの病院でも出してもらいました。

乳首の刺激はお腹の張りにも影響すると言いますし、、、、鎮めておくのが身のためです。

 

痒いときにだけ、塗ります。

1日数回までいいそうですが、今のところは1回塗るとだいぶ鎮まります。

塗ると同時に保湿もされるのか粉ふきもよくなります。

夜中に痒いー!!ってならずに済むのも助かります。

 

副作用:

発赤や腫れたり、痒みがあらわれることがあります。

···························痒み止めなのに、痒みが増してしまうことがあるということでしょうか。それはそれでこまりますね。

 

 

いかがでしょう。

以上が、今現在わたしの症状にあわせてお医者様が処方してくださっているお薬です。

 

わたしは特にお薬のアレルギーなどもありませんから、同じような切迫早産気味(お腹がハリ気味)の方や、マイナートラブルのある方は同じような処方になると思います。

 

本命の張りどめのリトドリンよりも、マイナートラブルのお薬がどんどん増えています。

 

痒みや便秘のストレスを少しでも軽減し、赤ちゃんを育むための鉄分を増量し、、、

日々万全な体制で臨月を迎えるまで身体を整えなければなりませんものね!!

 

 

 

 

 

 

 

【切迫早産入院中】病院で出る鉄分入りお菓子

切迫早産で入院して早くも10日。

 

入院生活にもだいぶ慣れてきました。

(しーーーーーーーーーーーーんといしてて薄暗くて息がつまること以外は)苦笑

夜もお手洗いには起きますが、リズムができて目が冴えて眠れない!ということもありません。

 

病院では、朝、昼、おやつ、夕食が提供されます。

 

今日は毎朝必ず出てくる【鉄入りのお菓子】をご紹介したいと思います。

病院で提供されるのですから、妊婦さんの身体に必要なこと間違いなし!です。

 

毎朝必ず出てくるのはジョワマスカット味。【鉄&葉酸 カルシウム・ビタミンD】が入っているものです。ジョワってこんな栄養補助的な役割のあるものも売っているのですね。

一本で一日分の鉄6.8mg、ビタミンD5.5μg 、葉酸240μg  摂取できるようです。

 

 

さて、そのジョワのお供にちょっとした鉄入りお菓子。スナックが出ます。

 

3種類3日のローテーションですが、わたしが一番好きなのはこれ。

 

【鉄の国のアリス】


f:id:riccomama:20201011081618j:image

ネーミングも好きです(笑)

差し入れを制限されているお菓子大好き人間としては貴重なチョコレートなのです。

こちらは一袋あたり5mgの鉄が入っています。

サクサクした誰もが想像するウエハース。

普通に美味しいです。

 

 

 

 

【たまご せんべい】


f:id:riccomama:20201012105020j:image
f:id:riccomama:20201012105053j:image

せんべいというよりも、クッキーのようなホロホロした食感です。

薄いので、もっと食べたい〜って思います(笑)

鉄は5mg入っています。

 

 

たまごせんべい(鉄入り)

たまごせんべい(鉄入り)

  • メディア: その他
 

 

【黒ごませんべい】

 

こちらは真っ黒な黒ごませんべい。

小さいですがゴマの風味がよく、食べごたえあります。

小袋にはメーカー名書いていないのでどちらの商品かは不明です。

鉄は4mg入っています。


f:id:riccomama:20201014181109j:image

 

 

いかがでしょう?この3種類が日替わりででてきます。

 

病院にいると、このスナック的な食感を感じることがないので嬉しいです。

大袋でバリバリ食べたくなってしまいます。

 

鉄分は入院するまではサプリメントで摂取していたので、お菓子で摂取しようとは考えたことなかったけど、お腹の中の赤ちゃんのためにも、産後の自分のためにも無くてはならない栄養素ですからね!

 

退院できたら、日常生活に取り入れて行こうかな。

妊婦さんも、そうでなくて日々貧血気味の方にもオススメの逸品でした😋

 

 

 

 

 

【切迫早産MFICU】息がつまりそうな大部屋生活

現在妊娠27週0日。

子宮頚管2センチ、子宮収縮のため10日前からMFICU(妊婦用のICU)入院中です。

 

現在の治療としてはリトドリン内服(毎食1錠/一日3回)と安静、昨日は経過良好とのことで日本ではあまりメジャーではないペッサリーを試すことができました。

現在、経過観測中です。

 

初日はご丁寧にも個室に入れていただきましたが、翌日からは四人部屋へ移動となりました。

 

この四人部屋はカーテンで一床ずつ覆われており、エアコン、照明全て個々のものがついています。

一人あたり一般病棟の約1.5倍くらいの専有面積があり、スペースにも余裕があり、ゆったりとしています。 

 

トイレと洗面台は共用で室内に一箇所設置されています。

トイレは隣の個室とも繋がっていますが、多くても使うのは5人。そして、音もまる聞こえなのでみんな様子を見計らってカーテンから出て行きます。 

洗面台を使う時もしかり。

まわりの空気読みまくりです

 

さてさて、そんな感じの四人部屋。

ドラマとかで見る大部屋って、木漏れ日のなかで何やら患者さん同士がベットで談笑していたり。するじゃないですか?

 

こちらは全く。

そんなことはありません。

固くカーテンを閉ざしたまま。

そして、みんな物音ひとつ立てずに息を殺しているのです。

 

しーーーーーーーーーーーーん。

 

そして、薄暗い、、、、、

 

ベットの上のマイライトを照らしているのはわたしだけだなので、みんな薄暗いままなのです。

わたしも最初は周りに迷惑かけては、と気を使ってマイライト点けてなかったのですが、頭は痛くなるし、気分も落ち込むので開き直って点けることにしました。

 

みんな電気点けようよ〜

 

もう一週間以上この部屋にいて、多少入れ代わりありましたが、患者さんの姿を見たことがありません。

 

みんな何してるんだろう〜??

 

安静に。だけど、日中眠ってしまうと夜が眠れず辛いんですよね。

だからわたしは、本読んだり、スマホ、iPadで暇つぶししています。

 

夫がJABRAのイヤフォン持って来てくれてたまーに動画みたり、ラジオ聞いたり、音楽聴いたりするのですが、意外と看護師さんや担当医が頻回に覗いてくれるので、あんまり集中できません。

 

看護師さんたちは優しくて明るくて、みんな良い人ばかりです。

「お変わり無いですかー?」と声かけてくれます。が、わたしが声を発するのは看護師さんとお喋りする時だけなのです。

 

妊婦さんしかいないので、同じ長期入院。

仲良くなったら辛い気持ちも共有できるのになー

 

長男出産後に入院した病棟はご飯を一緒に食べられる談話室あったり、授乳室があったりと、ワイワイお喋りしたり、泣きごとを言ったりする場があったのですが。

 

コロナでなければ面会もできたわけだから、やっぱりコロナの影響で雰囲気違う感じなのかな?

もしくはそんなお喋りに興じることもできないほどの重症患者さんが多いからなのかな?

 

なんか、このまま臨月までこの環境にいたら赤ちゃんの胎教には何もならない気がする、、、、

 

自宅で長男が大声で「あかちゃーん!!おはよー!!!」とか話しかけてくれていたのが懐かしい。

私も声をかけたいけれど、この静けさでは赤ちゃんに声をかけることもできません。

 

せめてママの声聞かせてあげたいな。

けど、声出せないものな。

 

一般病棟に移っても、このコロナ禍ではこんな雰囲気なのかしら。

 

赤ちゃんの胎教のためにも、わたしの心理的安定のためにも、早くここを抜け出せるといいなー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【切迫早産・ペッサリー】ペッサリー入れてきました。

妊娠26週6日

子宮頚管2cmで入院9日目。

 

リトドリン内服(毎食1錠ずつ/3回)と安静により、症状が安定。

昨日の診察でペッサリーというシリコンリングをつける治療法が適応できることになりました。

 

 

www.riccomama.com

 

医師からの説明を受けて、やるしかないと同意書にサインしたのが昨日の夕方。

 

そしたら今日の日中。

お昼ごはんを食べ終わってのんびりしていたら突然呼ばれました!

「ペッサリーいれますよー」って先生呼んでます。って看護師さんに。

 

「えー!今日??そして今???」

 

何も聞いてなくてびっくり!!!

 

とりあえず急いで準備して、診察室へ向かいました。

 

まず、内診台で子宮の出口の様子を再度確認します。

 

そして、昨日と変わりなし、入れましょう!

ということになり。

 

リラックスしてくださーい。

口から息を吐いて〜

って言われるがままにしていると。

 

ものの1分??くらいで装着完了。

 

「はいっキレイにはいりました〜」

 

人によって感じ方は様々でしょうが、わたしは痛みではなく、押されてるなーくらいの感覚でした。

 

あっという間。

呼ばれてから装着するまで10分程度でした。

異物感も全くありません

 

今、装着して3時間程度経過しますが、お腹の張りを感じることもないし、赤ちゃんもいつもと変わらず元気に動いています。

 

明日、明後日でまた内診台で様子を見るとのこと。

今いるMFICUをいつでられるのか?一般病棟へいけるのか??はたまた退院できるのか???

まだまだ未知ですが、とりあえず一歩前進しました。